投資のための分析方法について学ぶ

投資のための分析方法について学ぶ

最近は、老後の生活資金のことも考えて、資産運用にと、投資をする方が増えています。

しかし、かなり感にたよってにわか投資家が増えているので、もっと分析について学ぶ必要があるのではないかと思います。

そこで、投資のための分析、テクニカルな方法について書いてみたいと思います。

投資には、大まかに、チャートを利用したテクニカルでの投資手法と、経済動向など、諸事情をみて取り引きするファンダメンタル手法があります。

代表的なテクニカルには次のようなものがそんざいします。

・ゴールデンクロス
株価が上昇局面において短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜けている状態。ゴールデンクロスが出ると今後上がっている確率が高いことを示しています。

注意する必要があるのは「だまし」といわれる、その予想ポイントに入っているにもかかわらず、実はその逆の動きがあることです。

これはなぜにおきるかというと、ゴールデンクロスになりそうだと、予想して、その前に行動している人の先走り行動で起こる現象です。

ですので、かならずしも、テクニカルな分析通りに行くとはかぎりませんので、あまり猛進しないことが必要です。

・デッドクロス
これは前出のゴールデンクロスの真逆の状態のことをいっています。下降局面で短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜けている状態であらわれるものです。

このデッドクロスのサインはらに下がる確率が高いことを示すといわれています。
ただしもちろんもあくまでその傾向があるというだけで、絶対100%そうなるというわけではありませんので、過信はきんもつです。

・グランヒルの法則
この法則は株価と移動平均線の位置関係で、今後の株価を占うという法則です。
この法則では株価と移動平均線の位置関係で8つの「買い」「売り」のそれぞれのポイントがわかるとされていますが、やはりそれを信じての売買だけでは厳禁です。

グランヒルの法則には「乖離率」という言葉が出てきますが、これは株価と移動平均線の離れ具合を指します。

基本的には乖離率が高ければ高いほど株価は、本来の平均の位置だある移動平均線にもどろとする動きになるという文隻ができます。

投資のための分析方法について学ぶ関連ページ

オンライントレードで資産形成をしよう
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
オンライントレードは便利だけれど注意も
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
投資で資産作り|日経225先物とは
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
世界的金融危機で、投資信託のチャンス?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
少ない資金で株式投資できる日経225先物取り引き
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
おこづかいでできる日経225mini
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
外貨預金って有利なの?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。