ベストホームマネー

ローン記事一覧

担保割れの住宅ローンも借り換えできる?

サブプライムローン問題で、景気が一気に下降気味で、金利が下がりました。景気が悪いときにローンを組むというのは、気分的にあまり乗り気にはならないでしょうが、不景気が続いているときは、金利が低い分ローンを組むものにとっては、とても都合がよいわけです。長期の市場金利は景気に左右されますので、先行きが怪しい...

≫続きを読む

一時的な資金不足にはつなぎ融資

あまり家計の中では取り上げられることのないつなぎ融資、このつなぎ融資というものをご存じですか?多くの場合大口の資金をローンで借りて支払う時に必要になってくることが多い、一時的な資金需要を補うためのものです。実際に融資が実行されて、現金が受け取れるでの、支払を一時的に仮払いしておくようなための資金です...

≫続きを読む

不景気なときは住宅購入の好機?

戦後最大の不景気と言われていますが、すべてのことが誰にでも悪い時期ともいえません。不景気の時には、逆に後継機のときにない有利なことが結構でてきます。たとえば住宅価格が大幅下落していることです。つまり今持っている人にはあまりいいことではなくても、これから購入するという人には安いからいいわけで・・・もち...

≫続きを読む

年収の3分の1まで借入に対する総量規制で、破産する人も?

銀行や政府系金融機関をのぞく、貸金業者からの、借り入れ総額の規制が始まりました。実は、私もつい昨日知って、他にも結構知らなかった人も多いようですよね。頻繁に利用人にとっては、突然借りられなくなってしまい、金融会社にクレームの粗しだそうです。といっても、自動車ローンや住宅ローン、銀行のローンなどはのぞ...

≫続きを読む

教育ローンに東日本大震災復興特別貸付も適用される

東日本大震災復興特別貸付というのは、被災地域の債権のために用意されたものです。これは、被災した企業の債権のための融資、事業ローンを組む際の制度なのですが、それだけでなく、生活資金の融資についても含まれています。そのなかには、教育ローンもあるのです。国の教育ローンは、民間の金融機関に対する圧迫があると...

≫続きを読む

9月末にも終了?フラット35s金利優遇

住宅購入を検討されている方はすでにご存じの方が多いとおもいますが、フラット35で現在1%の金利優遇措置が、今景気対策でとられています。しかし、この申し込み、とても人気で、当初年末まで申込みできるはずなのですが、この予算が上限にすでに近づいているということで、9月末に終了することになったというのです。...

≫続きを読む

米国金融緩和で、円高、長期金利低下

米国務上限問題がいちおうめどがつきましたが、といっても先送りになっただけのようですが・・・金融緩和でどんどんドル安、円高傾向ですね。さらに米国の国債の格下げ懸念で、もっともっとドル安が進行することもかんがえられます。いきつくところは円70円台なんて可能性も十分ありえねのではないでしょうかね。EUも、...

≫続きを読む