9月末にも終了?フラット35s金利優遇

9月末にも終了?フラット35s金利優遇

住宅購入を検討されている方はすでにご存じの方が多いとおもいますが、フラット35で現在1%の金利優遇措置が、今景気対策でとられています。

しかし、この申し込み、とても人気で、当初年末まで申込みできるはずなのですが、この予算が上限にすでに近づいているということで、9月末に終了することになったというのです。

当てにしていたひとは、年末までのんびり構えているわけにはいかなくなったといえます。

中古物件で、10年新築、20年間、金利を優遇する制度で、1%の優遇を10年その後0.3%10年というものです。

3000万円ぐらいかりると、300〜400万円ぐらい得する勘定になるので、これはかなりの差になってきますよね。

ただし、あまり焦りすぎて、早く購入する事になって、頭金不足などにならないようにすべきです。

なぜなら、もともと、フラット35sは0.3%優遇されていたのですが、実はこの終了後も新規に継続で0.5%優遇にという話もでていますし、円高のため金融緩和もされるかもしれないという点もあり、長期金のもさがっています。

住宅ローン借り換え需要もあって、低金利競争も起きていますので、あまり無理して、あせってローンを組んでしまうのも危険ですからあせらないようにしましょう。

9月末にも終了?フラット35s金利優遇関連ページ

担保割れの住宅ローンも借り換えできる?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
一時的な資金不足にはつなぎ融資
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
家計のマネーに関する悩みはFPに相談する
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
不景気なときは住宅購入の好機?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
年収の3分の1まで借入に対する総量規制で、破産する人も?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
教育ローンに東日本大震災復興特別貸付も適用される
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
米国金融緩和で、円高、長期金利低下
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。