不景気なときは住宅購入の好機?

不景気なときは住宅購入の好機?

戦後最大の不景気と言われていますが、すべてのことが誰にでも悪い時期ともいえません。

不景気の時には、逆に後継機のときにない有利なことが結構でてきます。
たとえば住宅価格が大幅下落していることです。

つまり今持っている人にはあまりいいことではなくても、これから購入するという人には安いからいいわけで・・・もちろん収入が減っている場合、買いにくいわけではありますが。

また、景気対策の住宅ローンの減税も始まるように、購入するといいことがプラスされる政策がとられます。

住宅ローン控除を受ければ、最大500万円の住宅ローン減税を受けられますし、金利も変動金利で良いぐらい低い傾向にあります。

住宅を手に入れたいと考えているのであれば今がチャンスというわけです。

住宅ローンの低金利に不動産価格も安くなっているという好条件が揃っている状態です。

今を逃がすとまた金利が上がり、景気回復と共に不動産価格も上昇すると思います。

だからと言ってそう簡単に景気は回復しないと思いますし、これから更に下がる可能性もあります。

もちろんじっくり考えてみてもいいという考え方もできますが、何もしないでいると、上がり始めたときには、手がでなくなりますので、住宅ローン事前審査や物件巡りなどはして準備しておく方がいいでしょう。

と思います。既に住宅ローンを組んでいる人も、借り換えを行う事で毎月の返済も減らす事ができるかもしれません。

不景気の中にでもメリットはあるんですよね。

不景気なときは住宅購入の好機?関連ページ

担保割れの住宅ローンも借り換えできる?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
一時的な資金不足にはつなぎ融資
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
家計のマネーに関する悩みはFPに相談する
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
年収の3分の1まで借入に対する総量規制で、破産する人も?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
教育ローンに東日本大震災復興特別貸付も適用される
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
9月末にも終了?フラット35s金利優遇
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
米国金融緩和で、円高、長期金利低下
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
カードローンは作るべきなのか?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。