一時的な資金不足にはつなぎ融資

一時的な資金不足にはつなぎ融資

あまり家計の中では取り上げられることのないつなぎ融資、このつなぎ融資というものをご存じですか?
多くの場合大口の資金をローンで借りて支払う時に必要になってくることが多い、一時的な資金需要を補うためのものです。
実際に融資が実行されて、現金が受け取れるでの、支払を一時的に仮払いしておくようなための資金です。
よくある例えで言えば、住宅ローンを組む時にこのつなぎ融資が必要になることもあります。
住宅ローンの融資がされることになったが、実際に金融機関からそのお金が振り込まれるのは、建物が保存登記済んでからという事になります。これは、抵当権の設定がそれまでできないためです。

建物に担保のための抵当権を設定するので、保存登記がされていないと、担保となる抵当権がないので、リスクを冒すことのできない金融機関は現金を出せないというわてけず。
されに対して、業者には、建物が完成する前に一時的にお金の支払いをしなけれ゛はならないことがあります。
建築に入る前には、着手金が必要になりますし、建築途中では中間金などが求められたりします。

この金額は数百万円単位になる場合もおおいので、預金を頭金に使ってしまっている場合、現金が足りなく位という事があります。
そしてそれだけではありません。家を建てる土地の地鎮祭の費用や、建前の費用など実際に家が完成する前に必要な現金というのは、結構あるものなのです。
これらの費用はほとんどが現金で支払うものなので、よほど資金的に余裕がないと、生活できなくなってしまうほどになります。

こんな時のために、住宅ローン資金が支払われる前に借りるのが、つなぎ融資です。
この他にも、事業を営んでいるさい、取引先からの入金待ちのため、運転資金が不足するなどのために、つなぎ融資が必要になる場合や、設備投資の融資を受けるときの事業ローンを組む時にも、住宅ローンのようなつなぎ融資が必要になる場合もあるとおもいます。
また、住宅ローン借り換え どのときにも必要な場合が生じるかもしれませんね。

一時的な資金不足にはつなぎ融資関連ページ

担保割れの住宅ローンも借り換えできる?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
家計のマネーに関する悩みはFPに相談する
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
不景気なときは住宅購入の好機?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
年収の3分の1まで借入に対する総量規制で、破産する人も?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
教育ローンに東日本大震災復興特別貸付も適用される
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
9月末にも終了?フラット35s金利優遇
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
米国金融緩和で、円高、長期金利低下
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
カードローンは作るべきなのか?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。