教育資金は学資保険では効率がわるい

教育資金は学資保険では効率がわるい

最近は、祖父母からの教育資金に関する非課税枠が設けられましたので、だいぶ楽になったという家庭もあるかもしれませんが、そうそう、親世代が裕福という家庭ばかりではありませんので、やはり子供が産まれたら、将来の進学費用につ子縦などを考えることもあると思います。

 

日本の大学は、公立、国立でも、とても高いので、備えておかないと、たとえ一人の子供であっても、相当な負担になりますから、2人以上いたらそれは大変です。

 

多くは、学資保険ならばリスクに備えながら、教育資金を貯められるということで、加入する人が結構いますが、注意しておきたいのは、実は学資保険の返戻率かなりわるく、特にここ数年の世界的な不景気で運用がうまくいかず、元本割れすらしています。

勘違いも多く、積立のような感覚で、支払った分は最低でもたまっていると思っている人もいますし、加入時に良く説明をせずに、元本割れして、後の裁判で、支払による和解になったケースもでていのす。
同じ学資保険、または子供保険と呼ばれる商品もありますが、貯蓄重視型の学資保険ならば、たいていの場合は支払額を上回りますが・・・

実はその額は運用次第で、かなり微々たるものです。銀行の定期預金前後あればいいほうでしょぅ。

これは保険というリスクの保証に対する対価がとられているためで、それを忘れている人が結構います。

あくまで保険なので、掛け捨てられる部分もあるわけで、全額が積み立てられているわけではないのです。

単純に積み立ててそなえるのならば、学資保険は利用しないで、他だの貯蓄預金などの方がいいのです。

保護者に万一の時の学資資金として考えるかどうかという点でどちらを選ぶか考えるべきでしょう。

教育資金は学資保険では効率がわるい関連ページ

家計の見直しと節約について考える
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。