総量規制の撤廃と上限金利29.2%は再び訪れるのか・・・

総量規制の撤廃と上限金利29.2%は再び訪れるのか・・・

浮かんでは消えていく、総量規制の撤廃論議。もう総量規制ができた直前からそんな話が出続けています。

たしかに個人事業主など、零細企業の資金繰りに影響しているみたいですけれど・・・

総量規制といってもも貸金業者にかかっているだけで、銀行で借りる場合は、別に年収の3分の1という規制はないわけです。

もちろん銀行の方が審査が厳しいから、総量規制があってもなくても、収入に応じたものになりますから、返済能力が低い人は審査が通らないので、ノンバンクのようには借りられません。

ただ借りられたからと言って、その場しのぎで借りても、延命に過ぎず結局借金が膨らんでいずれは破たんする可能性が高いだけ。

総量規制撤廃したところで、そんなにいいことがあるとは私は思えませんけれどね

しかも、いまだに過払い請求が起きている現状で、最高金利を再び29%ぐらいまでにしようということまで出ているのがしんじられません。

もともと返済能力が低いのに、3割近い利率で貸すっていうのは、当然破綻が見えるわけで、返せるわけがないと思います。

20%を超える金利で返済を完了するには、相当な返済力が必要になるのですから、おかしな話です。

結局金融業者を設けさせる金利なだけであって、一時しのぎにお金を必要な人に高利で貸せば、その人のためにはならないわけですからね。

総量規制の撤廃と上限金利29.2%は再び訪れるのか・・・関連ページ

直ぐにお金を借りたい場合、どこが一番早い?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
クレジットカードのキャッシング機能はつけるべきか否か
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
消費税UPに耐えられる家計を作るしかない
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。