消費税UPに耐えられる家計を作るしかない

消費税UPに耐えられる家計を作るしかない

とうとう消費税が確定的に上がる事になりましたね。おそらく次の10%もあるでしょうね。

しかし、低減税率は導入されず、次の10%の導入にも、間に合わないということらしいので、全てのものが家計にとって、負担増になると思われます。

先進国で一番財政が悪い日本の状況では、消費税が導入されないと、国債が売られて暴落なんて。

その結果として、金利が急上昇するという考え方もできるので、ここは消費税が上がるのも国策として仕方がないというべきでしょうか

もち\y家庭の話で、実際になってみないと分からない事ではありますけれど。

日本国債のほとんどは国内の銀行、つまり日本人によって買われていますので、本の少数の海外の保有者が、消費税UPができなかった日本は、もうだめだと投げ売りしたところで、そんなに国債が暴落するとはいえないでしょう。

ただ、金利が急上昇したら、資金繰りが悪化して、企業はダメージをうけることになりますし、消費も落ち込む可能性は高いので、消費税アップによる消費縮小とどっちがどっちなのかはを測りに欠けるのはかなり難しいと思います。

消費税は結局上げても地獄、上げなくても地獄の間が強いので、今は私たちは、消費税アップがどかな状況を生み出すのか、その結果を見守るしかないと思います。

そして、それに耐えられる家計を作っていくしかないでしょう。

消費税UPに耐えられる家計を作るしかない関連ページ

直ぐにお金を借りたい場合、どこが一番早い?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
クレジットカードのキャッシング機能はつけるべきか否か
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
総量規制の撤廃と上限金利29.2%は再び訪れるのか・・・
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。