クレジットカードのキャッシング機能はつけるべきか否か

クレジットカードのキャッシング機能はつけるべきか否か

クレジットカードを最初に作る際に、キャッシング機能をつけるかどうかの選択があります。

キャッシング枠が大きい場合は、収入証明などがいりますが、

一番最低の枠であれば新規でも、とおりやすいようです。

クレジットカードの申込みだけが目的で作っても、気づいたらそのままついてしまっている場合もあります。

信用がついて、更新しているうちに、勝手に利用枠が増えている場合もあります。

このキャッシング機能、果たしてつけるべきか・・・最近はちょっと躊躇します。

キャッシング機能も付けると何かポイントがもらえたりする場合は、ついついつけてしまいますが・・・

万一、カードを落したりパスワードを盗まれたりした時に、きゃっしんぐされてしまった場合は、

ショッピングのようにクレジット会社が負担をしてくれない可能性が高いので、自腹を切る可能性が高くなるそうです。

つまり枠が大きくなっているほど、リスクは高くなります。

殆どというか、全く使ったことがないので、キャッシング機能はなくてもいいかなと正直個人的にはおもっています。

ただ、海外に行った際に現地で両替するより、現地通貨でキャッシングしたほうがずっと手数料的に得だそうです。

海外に良く行く人は、あったほうがいいわけですね。もちろん金利が付きますから、帰国したらすぐ返済しないとかえって高くつきますけれど。

クレジットカードのキャッシング機能はつけるべきか否か関連ページ

直ぐにお金を借りたい場合、どこが一番早い?
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
消費税UPに耐えられる家計を作るしかない
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。
総量規制の撤廃と上限金利29.2%は再び訪れるのか・・・
ローン、保険など資産形成のための投資や貯蓄などについての考察などお金にかんすることをまとめています。